高級時計の大手ブランドロレックス|時計の買取相場

買取目安と含有量

インゴット

金品を売る場合、その時の買取相場で以前より高かったり安かったりもします。金品を売る前にご自分である程度の価格を把握したいといったこともあるかと思います。ここで、金品のおおよその価格を知る方法について紹介したいと思います。必要とするものは、水を入れたコップと計量器、金品です。測り方としては、最初に金品そのもので重量を計ります。次に、コップに水を入れた状態で計量器のメモリを0に合わせます。コップの中に糸で金品を吊るして入れ、最初に測った金品そのものの重量で、コップに入れた後の重量を割ります。例えば、18金の場合、元の重さが160gで、コップの入れた時の重量が10gであった場合には、比重値が16であると判断できます。この比重値によって、金の種類を判断することができます。その時の時価相場がいくらであるか確認すると、おおよその買取相場を把握することができます。
金の種類によって腐食するかどうかも違い、腐食があるかどうかでも買取価格は違います。そのため、手入れを行なっていない状態のものでは通常の買取相場よりも低くなってしまう可能性があります。金品の価格は、本来金の含有量を計測してそれによって買取価格を決めます。計りを利用せずに買取価格を決めるような質屋であれば、明確に含有量を計測してくれる別の質屋で売却するほうが高く売れる可能性があります。出張買取を行なってくれるところもありますが、含有量を計算できる機材がある店舗に行く方がよいかもしれません。